ライブカジノの違法性について

   

ライブカジノとは、海外にある本場のカジノの映像をライブカメラでオンライン中継し、インターネットを通じてパソコンやスマホ上でカジノゲームが楽しめるようにしたものです。オンラインカジノの一種ではありますが、ライブカジノはコンピューターゲームとは異なった臨場感があり、ここのところ人気が大きく高まっています。ですが、ここで気になるのは違法性です。ライブカジノは賭博そのものではないのでしょうか。完全オンライン上のネットカジノとの違いも気になります。

賭博と見なされれば日本では違法であり、それこそ捜査が入って逮捕されたりするようなことにならないのか気になる人もいるでしょう。カジノに関してはどこかの会社の社長子息が大金をすったとか、さる有名スポーツ選手がカジノ店に出入りしていたなどの報道がされたのを覚えている人もいるはずです。自分自身はそこまでの有名人ではなくても、警察沙汰になれば職を失ったり家庭が崩壊したりする可能性もあるかもしれません。

ですが、この点に関しては今のところはまず安心して問題はないでしょう。というのも、日本人が海外のカジノに出入りして賭けをすることそのものは違法でも何でもありません。現地で合法であれば、日本人だからと言って海外で日本の法律が適用されるわけではないからです。そこで稼いだお金が没収されたりすることもないのです。

ただ、ライブカジノの場合は海外からの中継とはいえ、賭けをしているのは日本からですから、日本の法律が適用されるのではないかと心配になるかもしれませんが、この点も安心はできます。というのも、賭博に関しては開帳元と一緒でないと、ただ賭けに加わった人だけが逮捕された事例はこれまでに存在しないからです。ライブカジノの開帳元を日本の法律で逮捕することはできませんから、まず安心できるのです。