ライブカジノでのカウンティングについて

   

カウンティングというのはブラックジャックにおいてこれまでに配られたカードの種類や枚数を数えておき、デッキにどんなカードが何枚残っているかによってカードを引くか引かないかの判断に利用してゲームを有利に運ぼうとするものです。

ブラックジャックにおいてはこのカウンティングを最大限に活用することにより、究極的には控除率を0%以下、つまり確率的にはプレイヤー側有利にすることもできると言われています。ただし、実際のカジノでこれを行うのは単なるマナー違反に留まらず、ハウスによっては明確な違反行為とされることもあり、行うのは容易なことではありません。

もちろん頭の中で数えているのは咎めようがありませんから問題視されることはありませんが、あからさまに紙にメモしたり、あるいはそれこそスマホやタブレットなどの電子機器を使って計算したりするのは確実に問題視されることになります。そして、頭の中だけでこれを行うのは決して容易なことではありません。そのうちにこんがらかってしまうでしょう。

ですが、ライブカジノでは状況が一変します。ライブカジノでは、カジノの様子がカメラで映し出されることになりますが、プレイヤー側の様子がカジノ側に伝わるわけではありません。ですから、紙の上にメモを取ろうが、あるいはパソコンを用いて記録しようが、全く問題となることはないのです。

もちろんそれで本当に勝てるかどうかはまた別の話ということにはなるのでしょうが、少なくともその可能性が実際のカジノよりもアップすることは間違いないでしょう。ライブカジノでプレーするなら、カウンティングを覚えて少しでもブラックジャックの勝負を有利にして楽しみたいところです。これは、オンラインカジノのメリットとも言えるでしょう。